土岐市には古くから柿野・山神・曽木などの弱アルカリ性の冷鉱泉の温泉があります。現在は、柿野と山神で温泉を楽しむことができます。
 いずれも泉質は似ており、慢性関節リウマチ、慢性筋肉リウマチ、神経痛、神経炎、通風、尿酸結石創傷慢性胆道疾患、動脈硬化症、慢性胃腸カタル、貧血、慢性皮膚病等の医治効果があります。
 また、お湯がなめらかで入浴後肌がつるつるするので、美容にも効果があります。





[柿野温泉]

由来
その昔は薬師湯と呼ばれ、戦国時代には、尾州の織田勢、甲州の武田勢、三州の松平勢などが近くの三国山麓に忍びの者を配置し、小ぜりあいや合戦が行われていました。これらの傷ついた武士達の療養の地であったり、傷ついた鹿がよく訪れていたので鹿の湯とも呼ばれるようになりました。又江戸時代尾張藩のお姫さまが岩村藩へ向かわれる道中、険しい山道で漆にかぶれ、二た目と見られぬ顔となり、薬師湯で療養されたところ、お姫様は前にも増して見違えるようになった我が身の美しさに湯の効きめをこよなく愛され、そのままこの地に留まり一生を過ごされたとのことで、美人になれる温泉と知られるようになりました。
柿野温泉の名は昭和29年、時の岐阜県知事武藤嘉門氏が命名されました。
交通
JR中央線多治見駅より東濃鉄道バスで柿野温泉下車約35分
JR中央線土岐市駅より車にて約30分
中央自動車道土岐ICより車で約40分
宿泊
施設名電話料金入浴のみ
あさひ荘0572-52-2215一泊二食 12,000円〜1,000円
鶯鳴荘0572-52-2222一泊二食 10,000円〜700円
そよ風0572-52-2066
八勝園湯元館0572-52-2064一泊二食 12,000円〜800円
柿野観光ホテルつる屋0572-52-2110一泊二食 10,000円〜800円
三国山荘0572-52-22346,300円〜700円
周辺見どころ 中馬街道(工事中)




[山神温泉]

由来
湯歴は700年といわれ、当時ある落武者が山中で意識不明となっていましたが、薬師如来のお告げで、現在の山神温泉の谷川で傷を洗ったら全快をしたという伝説が残っています。
この落武者が建立したという薬師碑も残っています。
交通
JR中央線土岐市駅より車にて約20分
中央自動車道土岐ICより車で約20分
宿泊
施設名電話料金入浴のみ
山神温泉湯乃元館0572-57-8228一泊二食 15,000円〜800円

トップページへもどる
観光案内HPへ戻る